熟女人妻近親相姦 | 熟女/人妻陵辱マニア

熟女人妻近親相姦一覧

スポンサーリンク

欲情した息子にいきなり襲われ、ガムシャラに腰を振り続け中出しを目論む息子に力づくで犯される母親

「酔って帰宅したら…」「ストレッチを手伝ってもらったら…」「オナニーを見られ…」欲情した息子にいきなり襲われた母親。必死に抵抗して息子の暴走を止めようとするも敵わず勝手に生挿入!息子はガムシャラに腰を振り続け中出しを目論むも射精直前に母親に拒まれ半外半中に!力づくで禁断の一線を越えてしまった中出し相姦映像!!

【近親相姦】汗をかいた胸の谷間に欲情した息子犯され中出しされる爆乳豊満ボディの母親

最近母さんの行動が怪しい…息子のヨウスケは母・奈穂が浮気しているんじゃないかと疑っていた。そしてその悪い予感は的中してしまう。家族の留守中に浮気相手を家に連れ込み激しく舌を絡め秘部をまさぐりあう母の姿…。激しい怒りに駆られるものの、日ごろ健気に主婦として家事に勤しんでいる母からは想像もつかない妖艶な肢体を垣間見たヨウスケは、感情の赴くままに奈穂の豊満な肉体に襲い掛かってしまう。

【中出し近親相姦】成長した実の息子の大きな肉棒に男を感じてしまい肉欲に溺れていく未亡人熟女

息子と二人きりで暮らす矢部寿恵さん。とても四十路とは思えないコケティッシュ…なおかつちょっとエロさが漂う未亡人。成長した実の息子の肉棒、父親ゆずりの大きなチ○ポに男を感じてしまった矢部寿恵さんは息子との性行為、肉欲に溺れていく。実の息子の肉棒でヴァギナを突かれ続ける母は快感へとのぼりつめていく。禁じられているからこそ燃え上がる母子交尾。デジモで繰り広げられる禁断の家庭内性行為。

【レ◯プ】「ダメ…私たち親子なのよ…」息子のいいなりになり夫の二人の連れ子に緊縛調教されアナルを陵辱される母親

夫の連れ子に母親と認めてもらえない‘葵’。常に嫌悪感を示す兄‘ヒカル’に対し弟の‘ノブオ’は次第に彼女に気遣うようになるが、そんなノブオに心を許した葵はある日ノブオと男女の関係になってしまう…。だが実はこれは最初から兄弟によって仕組まれた罠だった。葵の「いいなり義母」としての日々が始まる…。

【ヘンリー塚本 近親相姦おばさんレ◯プ】クスリで眠らされ鬼畜息子に中出し昏睡レ◯プで凌辱される巨乳母親

禁忌(タブー)こそが、男の欲情を掻き立てるスパイス!倫理もへったくれもありゃしねえ、後の始末なんぞ知った事か!連れ子の娘に、息子の嫁に、義理の母に…。欲望炸裂膣内発射!!

【人妻中出し近親相姦】同居の義父に毎日犯され中出しで陵辱される美人人妻

「猥褻行為を覗かれている気がする」と悩む結衣。実は結衣は夫の父親に毎日の様に犯●れており、それが原因だと思っていた。だが、ある日、精神科の診療を受けると、それは強迫性障害の一種であり「全てを受け入れる事が改善の第一歩」だと診断され、医師に身を委ねる「催●療法」を受けたが、改善は見られなかった。再び診療を受けた結衣に、医師は「次強迫観念に駆られた時は覗いているものを誘って下さい。そうすれば病癖は表れます」と告げる。帰宅した結衣は医師の言葉通り、視線を感じる方へ挑発的なオナニーをするが…。

「ママのおっぱい浮き出てる…」家事姿がエロすぎて欲情した義理の息子に犯され肉棒に完オチし中出しを許す母親

半年前に結婚した『あやの』。ある日、ふとしたきっかけで息子と関係を持ってしまう。夫とセックスレスの日々が続いていたこともあり、心とは裏腹に息子の肉棒で‘女の悦び’を知ってしまう。性欲を抑えきれない若妻は次第に彼に惹かれてしまう。決して結ばれてはならない母と息子との背徳と禁断の近親相姦…。

「あぁっ‥そこだめぇっ‥!!」息子の肉棒に完落ちし夫が出掛けた瞬間に息子の肉棒を求める爆乳母親

のぞみには夫に隠していることがある。それは息子の和也と身体の関係を持ってしまったことだ。いけない事だとわかっていたが、身体はいうことを聞かずにどんどんエスカレートし、のぞみも自分の気持ちを抑えられなくなってしまう。それは、夫が出掛けた瞬間に息子の肉棒を求めてしまうほどに…。

「私って母親失格…」息子の巨根オナニー姿を目撃し我慢できず欲望のまま近親相姦に堕ちる淫乱母親

家事に追われ、夫との関係も冷え切り熟れた体を持て余す母・文香は毎日のようにオナニーをして自分を慰めていた。ある朝、息子の部屋で息子の股間が勃起しているのを見た文香は、気づかれない様にパンツを下し、欲望のまま味見をするのだったが途中で息子に目を覚まされる。そして、慌てて隠れた文香は目を覚ました息子がオナニーをするのを見てしまい…。

【近親相姦】欲情した息子に昼寝中に愛撫され手マンで興奮して我慢できずSEXを懇願する美人母親

母に欲情するなんて普通じゃない。ハジメは密かに抱く母親の希美への気持ちをひた隠しにしていた。だが我慢も限界だった。衝動は爆発寸前にまで膨れ上がったある日、無防備な姿で昼寝をする希美の姿を見て、ついにハジメは行動に出てしまう。希美をおこさないようにそっと、ゆっくり愛撫する。すると…目を覚ました希美から意外な言葉を聞く。「お母さんすごく感じちゃった。ねえハジメ、もっと触って…」